中学受験ブログ

SAPIXなど進学浮くに通われている方は必見です!名門会家庭教師センターの『中学受験のプロ家庭教師』が語る受験算数必勝法 毎週金曜日更新

VOL.89【受験生との歩み】 桜蔭編(2)

図形規則性

マンツーマンの授業というのは人が人に面と向かって教えるので、その関係性が重要だと考えられているでしょう。 当たり前ですが友好的な関係でなければ授業が成り立たないのが普通です。 今回紹介する浅野さん(仮名)との関係は友好的とは言えなかったかもしれません。 もしかしたら、浅野さん本人は私のことを敵視していた可能性すらありますが、受験としては成功したと思っています。 ...
LINEで送る
Pocket

VOL.88【受験生との歩み】 桜蔭編(1)

動く図形

今回は女子最難関校である「桜蔭」を狙う受験生との思い出です。 例年、教室に白いダルマが置いてあり、そこに受験生が名前と決意を書き込んでいました。 そこに一際目立つ「必勝」の文字がありました。伸びやかで力強い、自信にあふれた文字でした。 案の定志望校は「桜蔭」で、「こういう自信がある受験生が難関校に合格するんだろうなぁ」なんてことを考えながらダルマを眺めていました。 ...
LINEで送る
Pocket

VOL.87【受験生との歩み】 慶應編(3)

流水算

前々回紹介した中村君もそうでしたが、慶應3校のうち複数校を受験するケースが多くみられます。 その併願パターンは男子が4通り、女子は1通りあります。 「普通部」が男子校なのでそうなるのですが、対策を考える時も「普通部」がカギになります。 ちなみに配点も「普通部」だけ4教科同じで、他2校は算国が理社の2倍です。 「普通部」は解答の方式が記述式なので、全ての問題に対し...
LINEで送る
Pocket

VOL.86【受験生との歩み】 慶應編(2)

食塩水

来年の「慶應湘南藤沢」の受験は難しいものになるかもしれません。 募集人員の減少と英語選択入試の導入により、今までとは異なった様相となるでしょう。 一般入試の定員が120名から70名に減り、そこに新たに英語選択が加わるので、4教科受験の受験生にとってより狭き門となることは数字の上からは明らかです。 一部の塾では難化が予想され敬遠されるだろうから、むしろ狙い目という話...
LINEで送る
Pocket

VOL.85【受験生との歩み】 慶應編(1)

場合の数

今回から昨年は取り上げなかった「慶應」について書きます。 中学受験では「慶應中等部」「慶應普通部」「慶應湘南藤沢」の3校が受験可能であり、うち2校が神奈川県にあります。 「神奈川の受験の最高峰は慶應」という考え方もあるようです。 大学付属の私立中としてはトップクラスの人気校ですから、狭き門であることは今後も変わらないでしょう。 試験の対策については同じような...
LINEで送る
Pocket

VOL.84【受験生との歩み】 開成編(4)

数の性質

高橋君(仮名)はお兄さんも「開成」で、「開成一本」という生徒でした。 成績も良好で、特に大きな弱点も見当たりませんでしたが、ご家庭は不安を感じていたようでした。 「塾の内容だけでなくもっとハイレベルな授業を受け、合格を確実なものにしたい」ということで、私が担当することになりました。 最初の打ち合せで、塾でやったこと等は基本的にはノータッチで、私の用意した教材を使っ...
LINEで送る
Pocket

VOL.83【受験生との歩み】 開成編(3)

前回の前田君の塾のクラスは15クラス中上から6番目あたりでしたが、 今回お話する受験生の授業開始時のクラスは15クラス中下から7番目あたりでした。 (受験が終ってしばらくしてから成績表で確認してびっくりした記憶があります) 村上君(仮名)はもともとは塾では上のクラスにいたらしいのですが、ずるずると成績が下がり、これ以上下がるとどうしようもないというタイミングで名門会の...
LINEで送る
Pocket

VOL.82【受験生との歩み】 開成編(2)

規則性

前回は成績が良好だったケースでしたが、今回は少し苦しい位置からどうやって合格したのかのお話をしたいと思います。 前田君(仮名)は開成志望でしたが、塾の成績は思ったようには伸びず、15クラス中上から6番目あたりにいました。 本人もこのままではまずいと感じたらしく、個別で習いたいと親に頼んだそうです。 最初は国語を習っていましたが、算数は私が担当するということになりま...
LINEで送る
Pocket

VOL.81【受験生との歩み】 開成編(1)

場合の数

今回から、過去に私が指導した生徒がどのようにして難関校に合格したのかを振り返りたいと思います。 誰なのか特定できないように、一部脚色してある部分もあるかもしれませんが、核心部分はなるべく正確な記述をしたいと思います。 第1回は、開成に合格した生徒です。 鈴木君(仮名)は優秀な生徒でした。 5年生の終わり頃から担当したのですが、算数が得意で塾の成績も良好でした...
LINEで送る
Pocket

VOL.80【得点力アップ講座】(5)複雑さに負けない

速さ

今年の「秋」はやたらと雨が降っているという印象です。 正直あまり良い気はしないですが、勉強をするには良い環境と割り切って、頑張っていきましょう。 私にとっての「秋」のイメージは「模試の秋」なのですが、皆さんの模試の成績はいかがでしょうか。 【得点力アップ講座】をお読みいただき、少しでも点数を増やしていただければと思います。 ◎【得点力アップ講座】(5)複雑さに負...
LINEで送る
Pocket