立体図形の記事一覧

VOL.192【入試問題を解いての感想2021】 -(6)灘 一日目

前回は思い出に浸ってしまったので、今回はしっかりと算数の話をしたいと思います。 【入試問題を解いての感想2021】をやらなければいけません。今年は、様々な地域の学校にチャレンジしてみたいと考えています。今まで東京ばかりだったので、ここらで関西にいこうと思います。 本ブログでもお馴染みの灘1日目を今回は取り上げます。 毎年、新鮮な問題が登場するので、わくわく...
LINEで送る
Pocket

VOL.184【受験お役立ち情報】 -最高レベルの算数実例

今回は本文がそれなりのボリュームになったので、いきなり本題に入ります。 ◎「応用」レベルの方針 皆が目指す領域ですね。算数がこのゾーンに達していれば好きな学校を受けることが可能と思われます。 ただ、トップレベルの成績を取っているとしても得手不得手というものはあるものです。 得意を伸ばすのか。弱点を補うのか。志望校が求めている能力に合わせるのか。自分に適正のある学...
LINEで送る
Pocket

VOL.131【合格へのシナリオ】 -受験生を本気にさせる

いよいよ受験直前期に入ってきました。 受験生の皆さんも本気モードに突入しているかと思います。 そして小学生が本当に伸びるのはまさにこれから。 大変身を遂げて志望校に合格した生徒さんを何人も見てきました。 今度は皆さんの番です。 最後まで諦めず全力を尽くしましょう。 それができれば結果にかかわらず満足感や自信を得ることができます。 そしてこれだけ...
LINEで送る
Pocket

VOL.113【場合の数攻略】 -図形との融合

よく議論されることに「中学受験は結果が全てなのか」というものがあります。 大抵の人は「結果が全てではない」と言いますし、私もそう思います。 しかし、現実にはそう簡単に割り切れるものではありません。 「努力は裏切らない」と言われるように、何かに真剣に取り組めば「良いこと」が必ずあるはずです。 その「良いこと」が「合格」ならば特に問題はないのですが、そうでなかった場...
LINEで送る
Pocket

VOL.107【図形に強くなる】 -立体の公式

今回は「立体図形の公式」をまとめてみたいと思います。 「公式」は本の裏表紙に当たり前のように書かれているので、軽視される傾向にある気がします。 ですが、「なぜそうなるのか」を突き詰めていくと結構面白く、「考える力」の養成にもなるので、今回取り上げました。 また、「立体図形の公式」を扱うためには「平面図形の公式」が全て頭に入っている必要があります。 忘れていないか...
LINEで送る
Pocket

VOL.106【図形に強くなる】 -立方体

立体図形

先日船に乗る機会があったのですが、とても楽しい時を過ごすことができました。 ただ、子供のころは船に乗るのは苦手だった思います。 原因は船酔いです。 元々、車でも酔ってしまう体質だったので、船はきつかったはずです(なぜか、記憶はほとんどありませんが)。 どうやって克服したかというと、単純に慣れたのです。 学生の時、ひと夏の間、屋形船に乗るアルバイトをしたのですが...
LINEで送る
Pocket

VOL.105【図形に強くなる】 -正確な作図(2)

立体図形

先日ゴルフの打ちっ放しで練習をしました。 インターネットで動画を観ていたら、ある有名なティーチングプロが面白いことを言っていたのでそれを確かめたくなったのです。 所謂セオリーと言われるものがあり、アマチュアの皆さんはその通りにやろうとしますがなかなかうまくいかないそうです。 そこで、そのプロの先生は逆のことをやるようにアドバイスをすると、生徒がナイスショットを連発し、...
LINEで送る
Pocket

VOL.104【図形に強くなる】 -なぜ「立体図形」は難しい?

立体図形

前回「補助線」について説明しました。 基本的に「補助線」というのは、その場で自分で編み出すような類のものではなく、決まった形から欠けているものを埋めてあげるようなイメージの方がうまくいきます。 また、ほぼ損をしない線というものも存在し、それを引いて問題を眺めれば、かなりの確率で正解にたどり着けると思います。 いずれにせよ「図形」の場合も知識の土台がしっかりして...
LINEで送る
Pocket

VOL.97【計算名人への道】 -計算の工夫

立体図形

前回、「計算名人」になるために必要な能力のひとつが「暗算力」だということを書きました。 「暗算力」を鍛えるためには頭の中で数字を扱う必要があり、その練習として「暗算」をおすすめしました。 今回はもうひとつの重要なテーマ、「計算の工夫」について書きたいと思います。 計算はしなくても良ければそれが一番です。 例えば「100×100」は1の後ろに0を4個つければ良いの...
LINEで送る
Pocket

VOL.92【受験生との歩み】 灘編 -強みを生かす

立体図形

かなり昔になるのですが、講師としての自分のスタイルを模索していた時期がありました。 その時、漠然とイメージしたのが、難関校受験に強い講師になるというものでした。 そして、同一年度に御三家合格を三人出した時に、ある程度達成できたように思いました。 その頃から、もっと内容の濃い指導をしたいと思うようになっていました。 しかし、実際は生徒の志望校・実情に合わせた指導を...
LINEで送る
Pocket

プロフィール

プロフィール

執筆

金田雅昭 講師
【名門会家庭教師センター】

受験算数指導のエキスパート講師、男女御三家や早慶附属中など難関校への合格実績多数。

合格実績

灘中、開成中、桜蔭中、慶應義塾中等部、女子学院中、麻布中、栄光学園中、聖光学院中 他

中学受験・算数の問題についての疑問、お困りごとや金田先生に聞いてみたいことなど、なんでもお気軽におたずねください。

ご質問フォーム
名門会ブログ
名門会ブログ
名門会家庭教師センター
名門会家庭教師センター
動画で見る名門会の特徴
動画で見る名門会の特徴